<入学準備>私の個人的なススメ6つ

 

入学準備について、私個人のオススメを今日は書いてみようと思います^^

かなり個人的な視点での入学準備のススメになりますので、当てはまらない方もいらっしゃるかと思いますが

参考になりそうなことがほんの少しでもあったらいいなという気持ちで書いてみます◎

 

・その1 IKEAの生地は丈夫で張りがあるので裏地に最適!

長男の入園準備の時、キルティング生地を使わず丈夫な絵本バッグを作りたかったのです。

たまたま持っていたIKEAの生地(ストライプ)がとてもしっかりしていて、裏地に使用することにしました。

とってもいい感じの張り感に仕上がりました♫

IKEAの生地はシンプルなものも多く、何と言ってもお値段が花マル!

裏地を悩まれたらオススメしたいです^^

私は生地の端処理をするのが面倒なので、いつも裏地付きで作っています。

巾着などは柔らかい方が使いやすいので、裏地も薄手の柔らかい生地を使うことが多いです◎

 

・その2 小学校用の上履き入れは大きめに作るべし

入園グッズを作った時の感覚で、小学校用の上履き入れを作ってしまいました。

気持ち大きくしたつもりではいましたが、もっと大きく作ればよかったと後悔しています。

どんどん大きくなる足と、靴のサイズ。。。^^;

今の上履き入れのサイズだと二年生くらいまでしか使えなさそうです@@

是非とも少し大きめにお作りください。笑

 

・その3 お名前シールは便利だけど、使うアイテムを見極めるべし

入学準備品には、全てにお名前シールを貼っていました。

ですが、アイテムに直接油性ペンで名前を書いておく方が良いものもたくさんありました。

(剥がせないようにした方がいいという意味と、剥がれてくるのが面倒という意味と両方です)

例えば鉛筆、色鉛筆、絵具セット、クレヨン、ノートや教科書など。

夏休みには全て油性ペンで直接書き直しました。

計算カードなどはシールでよかったです^^

↓こちらの一番小さなお名前シールを計算カードや算数ブロックに使いました。

 

・その4 消しゴムは重要。持ちやすくてよく消えるものを選ぶべし◎

入学当初は消しゴムで消すのがヘタっぴだった息子。

一学期の間は書くことに集中してもらうために、宿題の時は私が消しゴム担当になってお手伝いすることが多かったです。

消しゴムって、商品によって消す時に感じるストレスの差が大きいこと!

そこで、よく消えるものを探して色々な商品を試してみました◎

消しゴムカスがまとまるタイプは後片付けが楽だったのですが、最終的に選んだのがこちら。

小さな手でも持ちやすい形で、よく消える消しゴム〜^^

汚れが目立たないブラックをまとめ買いしています↓

白い消しゴムを使っている時はよく失くしていたのに、黒にしてから失くさなくなりました。

こんな形の黒を使ってる子が少ないから、落としてもすぐ自分のだと気が付きやすくなったのかな?

色は4色あります^^

入学当初はあれほど苦手だったのに、夏にはすっかり上手に消せるようになっていました。

上手に消せるようになったらイライラもなくなり、紙がグチャってなって泣くような場面もなくなります^^

上手な字が書けない→消したら紙がグチャってなる→悲しい→宿題やりたくない のループにならないように

苦手な子には慣れるまで消しゴムのお手伝いしてあげるのも私はオススメです^^

 

・その5 ぞうきんは多めに用意しておくべし

これはうちの学校に限ったことかもしれませんが。。。

学期が変わるたびに、持ち物 ぞうきん2枚って書いてある気がします。

おそらくこれから六年間きっとそうなんだろうなと…

その都度用意するのが面倒なので少し多めに買ってストックしておくことにしました。

長いお休み明けに、「あれ買いにいかな〜!」っていうのが一つでも少ないと気が楽。

 

・その6 A4が余裕で入るサイズのクリアケース(百均)を持っておくと便利

入学して少ししたら、たくさんひらがなプリントや算数プリントを持って帰ってきます。

どれだけ残して何を処分して、どこにどうやって収納するのか。

学校生活をしばらく続けてみないとよくわからないと思います。

親子ともになんとなく要領をつかんできて収納場所やルーティンが決まるまで、こういったケースがあれば便利ですよ♫

ちなみに我が家では最初の頃持って帰ってきたひらがなプリント(上等な紙バージョン)は「あ〜を」まで束ねて保管しています。

最初はもっとたくさんのプリントを残していましたが、今では

・国語の百点のもの(算数は得意なので)

・特別な花マルのもの(普通の花マル→葉っぱつきの花マル→植木鉢つきの花マルの順にすごいらしいですw)

・本人が残しておきたいと強く希望したもの

だけを残して、他は私が目を通したら全て処分しています。

最初の方、息子はもらった花マルの数を数えては自らのエネルギーに変えていました。笑

今でも漢字の宿題をするときは植木鉢つきの花マルをもらうために頑張っています^^;(単純)

 

長くなったので一旦ここまで〜。

また追加のススメがあれば書きたいと思います◎