整理収納に<無印良品>のアイテムを使う理由

 

我が家の収納用品、8割が無印良品だと思います。

同じような商品が百円均一やその他のメーカーからも発売されていても、SNSで話題になっていたりしても、スルー…^^;

無印良品一筋といっても過言ではない…その理由を考えてみました。

 

 

今さらですが、わたしは無印良品大好きです。

もはや「収納に使うためのただのケース」とは思っていなくて、

「これから長い期間お世話になる我が家の愛用品」と思って購入しています。

 

百均でも「コスパ良い!」と思う商品はたくさん発売されていますし、消耗品ではお世話になることも多いです。

コードの結束バンドや、椅子の脚裏に貼るシート、フック、年賀状ケース、掃除用の洗剤ボトルなどなど…便利なものたくさん!

 

ですが、収納用品に関しては、買う時に「ときめかない」(こんまりさん用語^^;)のです。

収納ケースにときめき求める?って感じですが。笑

私は無印の収納にときめきますねん。♡ワクワク

 

 

 

無印良品の収納アイテムを選びたくなる理由を書き出してみました^^

 

究極にシンプルなのにチープ感がなくて、どれを組み合わせても簡単に統一感が生まれる。

用途が限定されないフレキシブルな商品が多く、暮らしの変化に柔軟に対応できる。

モジュールが統一されているため、違うアイテムを組み合わせてもピタリと収まってくれることが多い。

・全国に店舗があるので実物を手にとって検討できる機会が多い。

・オンラインを見れば商品の詳細がすぐわかり、サイズの確認も簡単にできる。

・定番品がいつでも買い足せるという安心感。

 

 

収納ケースは、収納したいもの・仕舞う場所を決めてから買いに行くので、

ネットでサイズの確認ができるのはとても助かります◎

日本家屋に合わせて考えられたモジュールが、「おぉーー!」ってほどいい感じに収まる。

 

また、百均のように「百円だしとりあえず買っちゃえ〜」という気持ちにはならず、慎重に検討できる絶妙な金額設定でもある。

「収納用品」のカテゴリーだけでなく「文具」のアイテムがキッチンで使えたりなど、家中色々な場所で活用できるものが多く、使い回しもまた楽しめるんですよね〜^^

 

今後住まいが変わることがあったり、それに伴い収納場所の広さや形が変わったとしても、組み替えや買い足しがしやすいのも安心ですね^^

誰に頼まれたわけでもないのに、無印良品の収納が大好きな理由を勝手に描いてみました♩笑

 

 

<おまけ>

再販されたらいいのにな〜とずっと願っているもの。

おたまとフライ返しと、強力マグネットフック。

小物は時々突然廃盤になって悲しい思いをすることがある…(無印あるある…^^;)